日々のあぶく

1歳児と韓国〜1日目 飛行機とカルグクス

ジュニアは飛行機は初めてではない(羽田ー沖縄便)のですが、親としてはまだまだハードルの高い乗り物。
行きでぐったりするとその後の滞在にも響くので、初日のプラン組みはかなり考えました。

まずは移動手段。

我が家は羽田空港が近いので、旅の時間をお金で買うと思い「羽田発・金浦着」のアシアナに決定。
自宅から羽田空港への移動も、悩んだ末自家用車で行くことにしました。
自家用車のメリットはもちろん子供のグズりを気にしないで済むこと、荷物の持ち運びが楽なこと、マイペースで行けること
デメリットは旅行中の駐車場代がかかること、行きはともかく帰りも運転が待っていること。
ただ、まだ空港リムジンバスは怖いね〜(逃げられないし)と車を選択。

そして出発時間。

余裕を持って
12:05 羽田空港発
14:25 金浦国際空港着
にしました。
大人だけの頃は早朝発深夜帰り、みたいなハードスケジュールもなんとかなった(飛行機で寝ればいいし)のですが子連れだとそうはいきません。
ちょっと時間がもったいないですが、ジュニア初海外、安心を取りました。

羽田国際線出国前に誘惑してくる(笑)、茶寮 伊藤園の甘味〜〜。
しばし日本の味ともおさらば!!

今回の宿はスカイパークセントラル明洞。

空港リムジンバスの乗り場も近いし、地下鉄駅も近くて便利な場所でした。
明洞の端っこなので、うるさいこともなかったし。
1Fにある大きめのスタバでは、ビジネスマンらしき人たちが仕事してたりしてました。

飛行機の到着が14時半だったので、ホテルについてチェックインしたらもう夕方。
明洞でウロウロして買い物をしつつ、夜ご飯を食べることに。

明洞でご飯を食べると行ったら、もう大好きな明洞餃子!
ここのカルグクスは、1歳の娘も大丈夫だと思ってやってきました。
少しニンニクキツめかな?と思ったけど、案の定バクバク食べる娘(笑)。
やはり幼児にウドンはテッパンですね!

大人はもちろんマンドゥも追加!カルグクスとゴールデンコンビですね。
この記事書きながらお腹鳴ってます(笑)。

心配していたソウルでの子連れご飯ですが、ウワサどおり小さい子連れに寛容!
お店の人も優しいし、子供用椅子所持率も高かったです。

明洞餃子にもこちらの子供椅子、ありました。

旅を通して、嫌な顔をされることも一切なく、安心して食事できました。
食事だけでなくいろんなお店で、子供に親切に接してくれることは多かったです。
韓国料理も選べば辛くないメニューもありますし、子連れソウル、なかなか快適です☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です